ちょっと自己啓発 チェロレッスン日誌

練習〇日目 基礎練は、ただやるだけじゃダメ。意味と心を込めて。

ブログに来ていただきありあがとうございます。

このブログでは、アラフォーからチェロを始めたチェロをのレッスン備忘録
そして、
好きなことを始めることで人生が楽しく、ハッピーになる日記を書いています。

これを読んでくださった方が、心から始めてみたいことを見つけて、ワクワクさんの毎日への一歩を踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

レッスン日誌ブログ、、サボりまくっていました。
「ごんぎつね」から、全く書いていない・・ブログはアメブロでちょくちょく書いていましたが・・

けど、レッスンは月2ペースで通っています。なんとなく、毎回のレッスンのことを書くのは続かないので・・汗

不定期ににレッスンの備忘録を記していきたいと思います。

基礎練のやり方

早いもので、チェロを始めて半年。
それなりに上手くなってきたような気がしないでもありません。

ですが、「曲は弾ける」と言うレベルから、「音程」「音」などを意識したレッスンになってきました。

3ヶ月前のチェロ男は、童謡を弾けるだけで歓喜していた・・

それが、半年経った今。

音程や音色まで気を配るレベルに達することになろうとは!!ひとえに先生のおかげです。
独学では無理でした。
音色の良し悪し、音程なんて、よっぽど音楽が得意な人でなければわからないと思います。

さて、今回は、基礎練についてです。

先生は基礎を大事にされるので、毎回基礎練の課題が出されます。

音程や、弓の動かし方、といった練習です。

野球で言うところの「素振り」とかに当たると思います。

ただやるだけじゃダメ

けれど、この基礎練、地味です。

ただひたすら弓を動かす。

けれど、そこに盲点があります。

ちょっと弾けるようになると、自分の「音」が気になってきます。
途中で音が裏返ったり、カスカスの音になったり・・

そういう「音」を安定させるための練習であると「意識」することが、何よりも大切。

人生にもあてはまりますよね。

日頃の掃除とか、料理とか、仕事とか、、どれだけ「意味」があることだと認識して、

どれだけ心を込めているか?

ただ「こなす」と言うことになってないかな。

最近思うのは、大人の(子供もかもですが)楽器習得は、「人生そのもの。」

今日のありがとうございます。毎日を大切に・・

-ちょっと自己啓発, チェロレッスン日誌

© 2024 チェロ男のチェロ部屋 Powered by AFFINGER5